自分でできる?電動バイクの点検・メンテナンス方法は?

       

公開日:2023/02/01  最終更新日:2023/01/26

電動バイクを購入しようと考えている人や、メンテナンス方法を知りたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。電動バイクは乗るのに免許は必要ですが、車検の必要はありません。だからといってメンテナンス不要ではないので、今回の記事でメンテナンスについて見ていきましょう。今後の参考にしてください。

ガソリン車よりメンテナンスは少ない

電動バイクはガソリン車より燃費もよくて静音性に優れているのが特徴です。初心者でも楽しめるでしょう。

電動バイクとは

電気を動力として走るバイクなので、一般的なバイクとは異なります。電気が動力なので、ガソリンスタンドで給油することはなく、家庭用のコンセントから充電できるようになっています。電動自転車のような外観デザインですが、スピードは電動自転車と比較にならないほど速いのが特徴です。自転車とバイクのハイブリッドととらえるとよいでしょう。

自転車のように乗ることが可能

ペダルが備え付けられている電動バイクもあります。こちらは自転車と同じようにペダルを回して走行します。運動不足を解消したいときや、移動時間が気にならないときは自転車のように使用するとよいでしょう。

乗るのに免許が必要

自転車だけではなくバイクの機能が備え付けられているので、公道を走行するときには免許が必要です。定格出力が0.6kW以下では原動機付自転車免許、定格出力が1.0kW以下では小型限定普通二輪免許、定格出力が20kW以下では普通二輪免許、定格出力が20kWを超えると大型二輪免許となります。

燃費の違い

ガソリン車と電動バイクでは同じ距離を走行した場合、電動バイクのほうが燃費はよくなっています。ガソリン車は40km走行するときに170円前後かかりますが、電動バイクは30円程度となっています。

豊富な種類がある

折り畳み式の商品や子ども用の商品も販売されているのが電動バイクの魅力です。折り畳めるので車の後部座席に乗せて、キャンプ場や釣りなどに出かけられます。ガソリン車は折り畳めないので、駐輪場に停車することになります。電動バイクは自室で保管も可能です。

静音性に優れている

閑静な住宅街で生活を送っている人が気になるのは、バイクを発進するときのエンジン音です。早朝や夜間に走行したいときでも、近隣住民に迷惑がかかるのではないかと不安に思うことがあるでしょう。

電動バイクはモーターで走行するので、早朝も夜間も静かに発進できます。早朝や夜間に出勤するときも近隣住民に気を遣う必要がありません。

給油する必要がない

自室にある家庭用のコンセントで充電できるので、ガソリンスタンドで給油する必要がありません。たとえば、通勤で電動バイクを使用している人は、帰宅時に充電すると、翌朝には100%のバッテリー残量になっています。

メンテナンスが少なくて済む

オイル交換が不要なので、メンテナンス技術に自信がない人も安心して使用できます。また、故障が少ないのも特徴なので、ランニングコスト削減にもつながります。

乗り心地がよい

振動や揺れが少ないので乗り心地がよいと感じます。また、操作方法も簡単なので、免許を持っていれば操作方法を簡単にマスターできます。

電動バイクに車検の必要はある?

電動バイクに車検は必要ありませんが、それによってメンテナンスを免れるわけではありません。

車検は必要ない

小型限定普通二輪免許から車検は必要ですが、電動バイクは定格出力が高いものでもそちらに該当しません。よって車検は必要ありません。ただし、メンテナンスを免除されるわけではないので気を付けてください。整備不良の電動バイクは違法です。

乗るときの注意点

自転車のような手軽さが魅力的ですが、バイクの機能も保有しているのでバイクとして法律上は扱われています。保険の加入も忘れずに行いましょう。

何もしないのはまずい?自分でできる点検・メンテナンス方法とは

メンテナンス不良で公道を走行するのは危険です。違法になる可能性があるので充分に気を付けてください。

ヘッドライトをチェック

電球が切れていないかチェックします。また、傷やヒビ割れがあれば修理を依頼しましょう。

ウインカーをチェック

ウインカーが長時間点灯したままになっていないかチェックします。リレー故障の可能性があるので注意しましょう。

テールランプをチェック

テールランプの電球が切れていないかどうかを確認するのは難しいので、壁や窓ガラスの反射を活用しましょう。

タイヤをチェック

表面を雑巾で拭きながらチェックします。溝の深さや表面のひび割れをチェックしましょう。パンクを未然に防止することが必要です。走行中にパンクすると危険です。

ブレーキレバーの遊び調整をチェック

ブレーキに遊びの部分がないと危険です。そのようなときは修理を依頼しましょう。

まとめ

電動バイクは自転車とバイクを融合させたような乗り物で、バイクのように敷居の高さを感じさせません。都会で生活を送っている人もマンションの駐輪場などに停車できるかどうか心配する必要がないので、気軽に楽しめます。

ただし、車検の必要がないのでバイクを運転しているという自覚が薄れてしまう可能性があります。きちんとメンテナンスして整備不良で指摘されないように気を付けてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年は日本でも街中で見かけるようになった電動バイクですが、一般的なバイクよりも軽量で、折り畳めるものがほとんどなので、簡単に盗難の被害に遭ってしまいます。そのため、きちんと自分で対策を講じな

続きを読む

これから電動バイクを購入し、平日は通勤や通学で活用して、休日はツーリングで活用したいと考えている人もいるでしょう。今回の記事では、電動バイクの航続距離とバッテリーの寿命について紹介します。電

続きを読む

近年世界中で電動バイクの需要が高まっています。日本でも、主要メーカーが相次いで新しい電動バイクを販売しています。軽二輪の扱いなので、これまでバイクに乗ったことが無い人も気軽に挑戦できるメリッ

続きを読む

近年、電気自動車をよく見かけるようになりましたが、実はバイクの世界でも電気を使って走る電動バイクが注目されています。電動バイクというとポケットバイクのような免許不要なバイクもありますが、通常

続きを読む

新しい交通手段として近年注目を集めている電動バイク。バイクとも原付ともとれますが、乗るためには免許が必要になるのでしょうか?本記事では、電動バイクに乗るために免許が必要なのかについて詳しく解

続きを読む

「電動バイクと電動アシスト自転車はどこが違うの?」と考える方も多いのではないでしょうか。電力が使われる点では同じですが、具体的にどこが違うのかわかりにくいですよね。そこで本記事では、電動バイ

続きを読む

2021年度の自動車保険の概要を見ると、二輪車の車両保険加入率は1.8%とかなり低くなっています。ただ、現在は大型地震の発生も示唆され、10年以内には関東や南海トラフの大地震が来ると言われて

続きを読む

地震が来たとき「自分の愛車は絶対に被害に合わない」「対策は十分」と自信をもっていえる人などの程度いるでしょうか?地震が来てから愛車の心配をしていては遅いため、今この瞬間から準備を始めましょう

続きを読む

電動バイクに限りませんが、バイクは盗みやすく盗難リスクが高い乗りものです。近年の窃盗団はプロ集団で、どれだけ厳重に保管しても盗まれてしまうことがあります。とくに交換式バッテリーが動力の電動バ

続きを読む

電動バイクは電気を動力にして走るバイクです。そんなバイクに対して、電動というくらいだから雨に弱いのではないかと思う人は少なくありません。そこで今回の記事では、電動バイクを雨の日に運転してもよ

続きを読む