Airwheel R6(Airwheel)の口コミや評判

       

 最終更新日:2023/04/25

Airwheel R6(Airwheel)の画像

製品名 Airwheel R6
会社名 Airwheel Tokyo
住所 千葉県長生郡長南町美原台1-6
TEL 0475-47-2033
営業時間 平日10:00~17:00
おすすめポイント 折りたたみとわずかスーツケースほどの大きさで、車のトランクに簡単収納可能
特徴 運動や省電力、高速など、1台で2つの走り方で、さまざまな乗り心地を楽しめる
スペック 1,220mm×550mm×950mm
車両重量:19.2kg
充電時間:約3時間20分
最高速度:約20km/h
価格 記載なし
問い合わせ 電話、問い合わせフォーム

Airwheel R6は、携帯性の高いワンタッチ自動展開システムと、有名メーカー製のバッテリーを採用している電動バイクです。速度や走行距離などのさまざまなデータを、リアルタイムでチェックすることも可能です。この記事では、Airwheel R6の特徴や、選べる2つの充電方法について詳しく紹介していきます。

携帯性の高いワンタッチ自動展開システム

Airwheel R6は、折り畳み自転車に近いデザインで、モーターとバッテリーを備えた、電動ハイブリッドバイクです。ワンタッチで自動伸縮するため携帯性が高く、折り畳むとコンパクトになるので、持ち運びも簡単です。

とくに、自動伸縮機能には注目が集まっています。伸縮用のスイッチを押すと、自動的にフレームが伸縮するのです。特別なツールを用意しなくても、車体がコンパクトになるのは便利でしょう。

折り畳んだ後は、0.27㎡となるので簡単に収納可能です。折り畳むとスーツケースほどのサイズになるので、オフィスなどに持ち込んでも邪魔にならないでしょう。重量は、約19.2kgと軽いため、女性でも軽々と持ち運べます。

また、Airwheel R6は耐久性にも優れています。自動車クラスの塗装技術である低温塗装技術で、外部からの衝撃に強く長持ちします。

14インチのタイヤは、合金ホイールハブでできており、ユニックなトレッドパターンのタイヤは、水の排水や熱の放散、グリップの性能を向上させてくれます。合金ホイールハブは、温度に左右されないため変形しにくいことが特徴です。

230Wの出力パワーと、統合された電力駆動システム、さらに電気ブレーキシステムが搭載されていることにより、強力で安定したパワーを発揮してくれるでしょう。

大容量の有名メーカー製バッテリーを採用

Airwheel R6は、有名メーカー製のバッテリーを採用しています。航続距離が長いため、快適な走行を楽しめるでしょう。見た目はコンパクトに見えますが、244.2whと大容量です。電動バイクモードの場合では、最大で40km走行でき、毎日の移動が短距離ならば、1週間に1度程度の充電でも十分に走行可能です。

Airwheel R6のバッテリーは、8つの回路保護機能が備わっていることにより、効率的で安全な電源を保証しています。

回路保護機能とは、セルバランス機能、過圧電保護回路、過充電保護回路、電流制限保護、電流保護回路、短路保護回路、温度保護回路、逆流防止回路の8つです。これらの保護機能が備わっているため、信頼性も高く、安心して走行し続けられるでしょう。

速度や走行距離などのデータをリアルタイムでチェック可能

Airwheel R6は、レバー部分に搭載されているメーターで、さまざまなデータをリアルタイムでチェックすることが可能です。速度や走行距離、バッテリー残量などがすぐにチェックできるのは便利な機能です。

動作モードの設定も自由に選択できます。ペダルをこいで進む人力モード、坂道などをアシストしてくれるアシストモード、モーターだけで走る電動バイクモードの3つのモードから選択可能です。

人力モードは、普通の自転車に乗る感覚と変わりはなく、タイヤが小さいので小回りが利きます。アシストモードは、ペダルを踏むと基準の範囲内でアシストしてくれるので、坂道も楽に登れます。

電動バイクモードは、100%電力で走行するので、バイクに乗っているような感覚を味わえるでしょう。長距離の移動でも疲れることなく快適に走行することが可能です。

ただし、電動バイクモードを搭載していることから、Airwheel R6は第1種原動機付自転車に区分されます。公道で人力モードを使用するとしても、第1種原動機付自転車に乗れる運転免許証と、自賠責保険への加入、ナンバープレートの取得、ヘルメット着用が必須となりますので、注意しましょう。

Airwheel R6は、安全性や実用性、工夫された設計により、いつでも行きたいところに行きたいという願いを叶えてくれます。クオリティが高いだけでなく、低価格で提供しているので、電動バイクが欲しいという人にとっても手に入れやすいでしょう。

選べる2つの充電方法

Airwheel R6は、サドルの下にバッテリーを配置しています。充電方法は、バッテリーを取り外して充電する方法と、バッテリーを装着したまま直接充電する方法の2種類から選ぶことが可能です。

取り出して充電するならば、自宅でバッテリーの充電ができます。自宅で充電するのか、直接充電するのか、状況に合わせて充電方法が選べるのは嬉しいポイントです。

また、脱着したバッテリーには、USBポートが装備されているので、接続するとスマートフォンなどを充電できるモバイルバッテリーとしても活用できます。さらに、専用のアダプタを購入すれば、車での充電も可能になります。

まとめ

Airwheel R6は、ワンタッチで自動伸縮するため携帯性が高く、折り畳むとコンパクトになるので持ち運びも簡単です。ボタンひとつで自動的に伸縮するのは嬉しいポイントです。バッテリーは、有名メーカー製のものを採用し、回路保護機能が備わっています。

また、メーターでさまざまなデータをリアルタイムでチェックすることが可能です。動作モードも自由に選択でき、速度や走行距離、バッテリー残量などがすぐにチェックできるのは便利な機能です。安全性や耐久性にも優れているので、快適な走行を楽しめるでしょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年は日本でも街中で見かけるようになった電動バイクですが、一般的なバイクよりも軽量で、折り畳めるものがほとんどなので、簡単に盗難の被害に遭ってしまいます。そのため、きちんと自分で対策を講じな

続きを読む

これから電動バイクを購入し、平日は通勤や通学で活用して、休日はツーリングで活用したいと考えている人もいるでしょう。今回の記事では、電動バイクの航続距離とバッテリーの寿命について紹介します。電

続きを読む

近年世界中で電動バイクの需要が高まっています。日本でも、主要メーカーが相次いで新しい電動バイクを販売しています。軽二輪の扱いなので、これまでバイクに乗ったことが無い人も気軽に挑戦できるメリッ

続きを読む

近年、電気自動車をよく見かけるようになりましたが、実はバイクの世界でも電気を使って走る電動バイクが注目されています。電動バイクというとポケットバイクのような免許不要なバイクもありますが、通常

続きを読む

新しい交通手段として近年注目を集めている電動バイク。バイクとも原付ともとれますが、乗るためには免許が必要になるのでしょうか?本記事では、電動バイクに乗るために免許が必要なのかについて詳しく解

続きを読む

「電動バイクと電動アシスト自転車はどこが違うの?」と考える方も多いのではないでしょうか。電力が使われる点では同じですが、具体的にどこが違うのかわかりにくいですよね。そこで本記事では、電動バイ

続きを読む

2021年度の自動車保険の概要を見ると、二輪車の車両保険加入率は1.8%とかなり低くなっています。ただ、現在は大型地震の発生も示唆され、10年以内には関東や南海トラフの大地震が来ると言われて

続きを読む

地震が来たとき「自分の愛車は絶対に被害に合わない」「対策は十分」と自信をもっていえる人などの程度いるでしょうか?地震が来てから愛車の心配をしていては遅いため、今この瞬間から準備を始めましょう

続きを読む

電動バイクに限りませんが、バイクは盗みやすく盗難リスクが高い乗りものです。近年の窃盗団はプロ集団で、どれだけ厳重に保管しても盗まれてしまうことがあります。とくに交換式バッテリーが動力の電動バ

続きを読む

電動バイクは電気を動力にして走るバイクです。そんなバイクに対して、電動というくらいだから雨に弱いのではないかと思う人は少なくありません。そこで今回の記事では、電動バイクを雨の日に運転してもよ

続きを読む